遮熱| 窓用フィルム
Window film

遮熱には3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム マルチレイヤーNanoシリーズ

当社が販売する3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム「マルチレイヤーNanoシリーズ」は、200層以上の多層膜を大きな特徴とする透明フィルムです。この構造がもたらす高い効果の一つとして、日光により上昇する窓際の温度をコントロールし、部屋の快適性を大幅にアップする「遮熱性能」があります。 その特徴は以下の通りです。

窓ガラスに貼っても透明感はそのまま

汎用エコガラス相当の遮熱性能を発揮

窓際を快適にして、省エネにも効果

室内の温度を上昇させる赤外線を90%以上カット(NANO80S)

皮膚に有害な紫外線を99%カット

ガラス本来の目的を損なわない遮熱対策

開口部はもともと採光性、開放感、眺望性を目的にしているため、従来のカーテンや、ブラインド、簾などで遮熱対策をする場合、本来のガラスの目的が損なわれるという問題が存在します。

一方、3M™ スコッティティント™ ウインドウフィルム マルチレイヤーNano シリーズの窓ガラスへの貼付は、ガラスの透明感、映り込みを大きく変えないため、ガラス本来の目的を大きく損なわないで遮熱対策をできる点が大きな特徴です。

さらに、開口部には建築物の問題の90%以上があると言われているくらい問題の多い箇所であり、遮熱対策をすると同時に、それ以外の問題も同時に解決できることが望ましいといえます。

マルチレイヤーNanoシリーズは、ガラス破損に対する安全対策、紫外線対策、防虫対策等にもなるので、遮熱対策と同時に開口部のトータルパフォーマンスを著しく向上させることも大きな特徴になります。

【動画】3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム NANO80S 遮熱実験

透明ウインドウフィルムLE65CLARも夏の遮熱と冬の断熱対策に

遮熱効果

窓ガラスから室内に侵入する日射熱を約40%軽減する遮熱効果があり、夏期の温度上昇を抑えます。

断熱効果

窓ガラスから屋外に出て行く熱量を約20%軽減する断熱効果があり、冬期の温度低下を抑えます。