防犯| 窓用フィルム
Window film

防犯は破られにくい強靱なフィルムでガラス窓をガードすることから

住宅への侵入の手口で最も多いのが「ガラス破り」。道具を使ってクレッセント錠付近のガラスを割り、手を入れてクレッセント錠を回して侵入します。
「ガラス破り」による侵入被害は、被害を受けた戸建て住宅の約7割、3階建てまでの共同住宅・テラスハウスで約5割に達しています。
「侵入犯の多くは5分以内にガラスを破れないと侵入を諦める」といわれています※。
「3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム ULTRA2200-A」と「SH15CLAR-A」は、破られにくい強靱なフィルムで、5分以上侵入を防ぐ防犯性能の高い建物部品です。ガラスは割られても強靱なフィルムが侵入犯から窓をガードします。

防犯効果

・ガラス破りの代表的な3つの手口を模した防犯性能試験をおこなって、破られにくさを検証しています。
・[こじ破り][打ち破り][焼き破り]に対し、貫通に要する時間を長引かせることが可能です。

ご注意

・フィルムが防犯性能を発揮するためには、十分な水抜き作業を含む指定の施工方法に則った専門技術者による施工が必要です。

・施工後の養生期間は1ヶ月程度必要です(冬季や空気が滞留しやすい場所などでは2ヶ月程度必要です)。養生期間中は本来の性能を発揮しません。

・フィルムの防犯性能とは侵入にかかる時間を長引かせる効果で、完全な侵入阻止を保証するものではありません。防犯性をより高めるために、必ず補助錠を1つ以上設置してください。また、セキュリティシステムの併用もお奨めします。

【動画】ガラス破壊実験 防犯用フィルム付き

防犯フィルム付きのガラスがバットで打撃した実験です。ガラスは5mm厚のフロートガ­ラスです。
細かい破片は落下しましたが、バットで3回叩いてもフィルムは裂けませんでした。